エントリー コーポレートサイト

ATM JOBS 仕事紹介

車検でめざすのは「通ればいい」ではなく、「安心して乗ってもらえる」こと。

渡辺 成行
Shigeyuki Watanabe
本社整備工場 2012年入社

入社の理由

このあたりでは一番大きい
整備工場だったことが決め手。

以前は尾張の整備工場で働いていて、田原市に引っ越してきたのを機に入社しました。渥美半島では一番大きい会社ということに加え、クルマの販売だけでなく保険やレンタカーなども手がけていて、クルマに関する総合サービス業という点にもひかれました。

現在の仕事

一人がオールマイティに
こなすことができる。

仕事を分担しながら車検や整備、修理を行っています。磨きを担当する人がいれば、洗浄を担当する人、そして整備を担当する人。それぞれローテーションを組みながら進めていきます。車検・整備では点検から見積り、お客様への部品交換の提案、整備、そして書類の作成まで一人が担当します。整備だけをやっていればいいのではなく、一人がオールマイティにこなす……幅広く仕事を担当できるのが渥美モータースの整備士です。

うれしかったこと・大変だったこと

整備や修理の後のお客様からの
「ありがとう」の一言。

うれしいのは、整備や修理がうまくいってお客様に「ありがとう」と感謝された時。うちは「通ればいい」という車検ではなく「安心して乗っていただく」ための車検をめざしていますから、その分ていねいな整備を心がけています。逆に、うまく修理できずにクレームになった時は申し訳ない気持ちでいっぱいになります。輸入車を扱うこともありますが、日本車のようなセンチではなくインチの世界ということもあり、慣れるまでは大変でした。

働きやすさ

自由だし、「これをやってはだめ」
という縛りもない。

以前の会社と比べるのもなんですが、仕事の進め方に自由さを感じますね。「これをやってはだめ」という縛りがないし、自主性を尊重してくれます。先輩の口ぐせは「とりあえず思うようにやってみろ、わからないことがあったら周りの人に聞け、それでうまくいかなかったらオレがフォローしてやる」……そんな雰囲気が気に入っています。

今後の目標

整備士の腕を磨いて
検査員の資格をめざしたい。

まず整備士としての自分の腕を磨きたい。エレクトロニクス化が進んだおかげで整備の世界も着実に変わっていますが、そうした変化にも対応できる整備士になることが第一。その上で、いずれは検査員の資格に挑戦したいと思っています。

一日のスケジュール

8:30出社。ラジオ体操。朝礼
8:45整備車のリフトアップ作業
9:30整備作業開始
12:00ランチ
13:00交換部品の見積り
13:30部品交換でお客様に連絡
15:00修理依頼のあったクルマの引き取り
17:00修理作業
19:00翌日の予定を確認して退社
pagetop